moriponia

日常生活に役立つこと役立たないことを書き綴る

SONYのオープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット【SBH82D】をレビューする!

544 views

スポンサーリンク



SBH82Dとは

SONYさんが発売している耳を塞がないイヤホン「オープンイヤーイヤホン」です。
イヤホンの種類はいっぱいありますが、このSONYさんのオープンイヤー型では、コード型(充電が必要ないスマホなどのイヤホンジャックに挿入して使用するタイプ)、Bluetooth:首掛け型(首に掛けて使うタイプ)、Bluetooth:左右完全分離型(耳につけるだけのタイプ)があります。
今回レビューする【SBH82D】はBluetooth:首掛け型となります。

購入のきっかけ

購入のきっかけは、大学院で研究してた頃から感じていた課題です。
研究中にSONYさんのMDR-1000Xというノイズキャンセリングが強力なbluetoothヘッドホンを使ってたんですね。
集中したいときにこのノイズキャンセリングは重宝するんですが、その分話しかけづらい雰囲気も醸し出しちゃうんですよね。

仕事中のコミュニケーションがほとんどない人(そんな人いないと思いますが)はそれでも問題ないかもしれませんが、私はコミュニケーションも取りたい!でも音楽も聞いてたい!と言うことで、このオープンイヤーに辿り着きました。

一週間くらい使ってみたのでレビューを書いていきたいと思います!

開封

箱です。箱、とても軽くてびっくりしました。軽かった。

パッケージ内容ですが
– 1 x 本体
– 1 x イヤーピース (S,M,Lの3種類 * 右と左の2種類で計6個)
– 1 x 充電ケーブル (USB-typeC)

– 1 x 保証書
– 1 x 取扱説明書
となってます。

仕様

各部の名称

詳細

質量25.5g (ケーブル含む)
コード長ヘッドホンケーブル: 210mm
ネックバンドケーブル: 255mm
充電時間約2時間
電池持続時間(連続音声再生時間)最大7.5時間
電池持続時間(連続通話時間)最大8時間
電池持続時間(待受時間)最大200時間
最大通信距離見通し距離 約10m

見通し距離 約10m とのことですが、見通しではなくてもドアを挟んでても聞こえるので、すごいです。
電池が切れそうになると、「ピピピッ」と音がします。これがだいたい2分に1回 x 10回くらいなるので、20分前くらいから教えてくれる感じでしょうか。(音楽を聴いてる場合なので、他の場合はまた違ってくると思います。)

そして、驚くことに、なんと、充電しながらでも音楽を聴くことができます。
大抵のイヤホンは充電しながらでは聴けないと思うんですけどね、どうしようもなく音楽聴きたいときには充電しながらでも聴けます。

実際に使った感想

音質・音漏れ

音質。まぁあまりここは期待してなかったです。だってオープンイヤーだから。
そんな期待感でしたが音質、普通に良いです。
表現が難しいんですが、音が若干遠い感覚、軽い感覚があります。ノイズキャンセリングが全くないので、音への集中の度合いが弱まるとでも言うんでしょうか。
ノイズキャンセリングが付いているヘッドホンを日本で食べる寿司だとしたら、今回のオープンイヤーイヤホンはアメリカで出てくる奇抜な寿司ってところでしょうか(意味不明)

電車の中ではほとんど音楽は聞こえません。無理に聞こえる音量にすると完全な音漏れになりますので注意してください。音漏れダメ・絶対。
街中で歩きながらのレベルであれば全然いけます。

着け心地

耳の形は人それぞれ異なるのでなんとも言えませんが、私の耳は左耳が右耳よりも若干大きくてインナーイヤー型のイヤホンをすると、確実に左側だけ落ちます。そんな悲しさを抱えて生きてきました。カナル型は大きさが調整できるのでなんとかなってたんですが、今回はカナル型ともちょっと形式が違うので心配でした。

が、結論から言うと大丈夫でした。イヤホンは落ちはしません(私の場合)。ただし、右はM、左はLにしてます。
イヤーピースを合わない大きさにしていたり、長時間イヤホンを着けていると少し痛みを感じることはあります。

あと、不器用だからか、片手でつけることはまだ出来てないです(笑)
慣れればいけるんかなぁ。他のイヤホンと比べると着けづらいと思っておいたほうがいいですね。

ランニングに使えそうかと言う疑問もあるかと思うので書いておきます。正直あまり向かないかなと思います。
イヤホン自体は外れないと思うんですが、肩に乗っけてる部分が落ちると思います。
服の中に入れ込むとかの工夫で全然使うことはできると思います。

装着した様子

下側につけるの珍しい。

まとめ

今回、初めてオープンイヤー型のイヤホンを購入してみました。長時間着けていると疲れる課題はありますが、話しながら音楽が聴けるのでとても助かります。

まだオープンイヤーイヤホン自体があまり認知されていなため、最初はそれに気づかず話しかけづらいというケースはあるかもしれません。
自分が使ってるのはオープンイヤーだからいつでも話しかけてくれて良いよ!ってのをアピール・伝えないといけないですね。

音質に関しては電車の中では聞けないので悲しさは少しありますが、普段使いとしてはだいぶ満足です。

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。
ありがとうございました。

今回レビューした商品

SBH82D (amazonに遷移します)

SBH82D (SONY公式サイトに遷移します)

 

 

スポンサーリンク





この記事を書いた人

佐々木 俊樹
新しくて面白いものが好き。
まだ誰も持っていない良いものを紹介していけたらと思います。
Follow :

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE